いそ生活

不文律の文

0917

去年の夏はいろいろな所に出かけた。今年の夏はどうだろう、あんまり出かけてない。でもいろいろあった。馬鹿なことをして十代最後の夏を棒に振った気もするし、充実させられた気もする。

 

いまはとても勉強がしたい。勉強、勉学。結局ずっとずっと学歴コンプがあって、それで東大とか院生とかいう言葉に惹かれてホイホイ殺されたようなものだから、私だって頭良くなって見返してやるわっていうやつなんだとおもう。馬鹿な文、わかってる。

 

私の学歴コンプが消えたところで私の希死念慮は消えなくて、どうしても消えないものは消えない。自己承認欲求が満たされても、私の希死念慮はずっとある。毎日まあまあ楽しいし、友達と話してるのも楽しいし、好きな人に好きって言われたら嬉しい。でも希死念慮が消えない。やっぱり、私は死にたいと思っている。

なぜ死にたいのかはわからない。私より不幸な人はいるし、私だって生きたくないわけじゃないけど、死にたいなと思っている。勉強をして、良い結果を生んだとて、私は死にたいしあわよくばみんなで死にたい。ミサイルが来たら嫌だなあなんて考えたこともなかった。来るときは来るんだろうな、そしたら死ねるんだな。

希死念慮は、希死念慮は、希死念慮は。

勉強はしたい。頑張りたい。大学ってそういうところだから、勉強をしたい。知識欲を満たしたい。

 

知識欲を満たしてくれる人が好きなのであって、どうやら別に高学歴の人が好きなわけではないらしい。正直、東大理系院生なら誰でも好きになっちゃうんでは?と思ってたのだが、実際のところ東大理系院生でも私の知識欲を満たしてくれない人は好きにはならないし、価値観の違う人も好きにはならないんだとわかった。私のこと好きになってくれました?ありがとう!!でも私は好きじゃない!!なぜなら知識欲も価値観も無理だから!!!!まあ、裏を返せば私が過去に好きになった人は…ってことなんですけど、別にもういいんですそれは…。知識欲を満たしてくれ〜。でも希死念慮はあります。

勉強をしましょう!!希死念慮と共に!!